2012/06/25

反原発運動で日本人は覚醒めるのか?

昨日、ヨドバシカメラ新宿東口店にしか在庫がなかったものを買いに行くため西口から歩いていったんだけどユニクロの前あたりで北朝鮮による拉致被害者救出のための署名集めを家族会の方が行われていた。行きは素通りしてしまったのだけど戻るときには「署名しよう」と思って西口に戻る途中署名した。

しかし、チャンネル桜を常々見て現状の日本の政治体制では絶対に取り戻す事が出来ない事がわかっているだけに署名する時も非常に複雑な思いのまま署名した。内閣総理大臣自身、絶対に取り戻せないと内心わかっているのにブルーリボンとかつけているのである。どれだけ拉致被害者家族の方の心を踏みにじっているだろう?(政権維持の窮余の一策としての裏交渉は断じて許されない事も記しておく)

家族会の方も現状のままでの救出が難しい事は当然わかっている。また次々通り過ぎる人を無理やり捕まえて署名させることも出来ないし意味もない。そんな境遇でも署名をしてくれる人を待ち続けている事を考えたら署名の終わり際には涙が溢れそうになったがグッとこらえて西口に戻った。

反原発運動が盛り上がる昨今だけれども、反原発運動に盛り上がっている人達は果たしてそれが解決したとして次は拉致被害者救出に盛り上がる事があるだろうか?自分の生活に関わる事だから盛り上がっているのだろうか?みんなが盛り上がっているから盛り上がっているのだろうか?TwitterやFacebookでつながりあえるからだろうか?これから声を上げるというのだろうか?自分の家族じゃないから素通りするのだろうか?自分と同じ日本人が拉致されているのである。

そんな盛り上がりは本物ではないし続かない。

この国は自分も含め「根っこ」が腐っているのに枝葉の剪定だけやったところで木が再生するはずもない。

| | トラックバック (0)

2007/04/16

アマゾンで高校生買い(?)

ちょっと微妙なタイトル。少し間違うと危ない事と思われるかもw。
でも違います。アマゾンで色々買い物をして「大人買い」としようとしましたが大人買いというほど買ってもないかと思い、子供と大人の間という意味で・・・。

Amazon Shopping 01
これらです。

今回の買い物のコンセプトは「セカンドライフが快適になるか?」というポイントでの買い物です。その中でも真ん中に鎮座します、異様な形態のデバイス、

SpaceNavigator PE 02

SpaceNavigator PersonalEdition」です。
これに関しては、ケータイウォッチのスタパ齋藤さんのレビューをご覧いただければ分かると思いますが、本来は3Dグラフィックソフトなどをグリグリ動かすためのコントローラらしいのですが、とくにこのコントローラーはグーグルアースをコントロールするためのデバイスとしてひそかなブームとなっているようです。
同じ3Dならばセカンドライフも操作できるのでは?と購入してみましたが、そんなに簡単にはいきませんね。なんも動きませんw。ただSDKが配布されているようなので、同じ事を考えている世界の誰か、絶対いると思うのですが、多分ドライバの制作をしていると思います。それが完成するまではグーグルアースをグリグリ動かすだけの高額なコントローラー・・・。
(でも飛行機かヘリコプターを操作しているようにグリグリ動かせます)

続いては「MX Revolution」ロジクールのマウス。

MX Revolution 02

これもSLが快適になるかと思い購入。SL内でのモノ作りや地図の表示でけっこうズームイン&アウトを繰り返すのですが、それは楽になったかな?真ん中のスクロールホイールが「クリクリッ」とクリック感を感じるのと「クル~」とクリック感なくクルクルまわる操作を切替えて使えるのが便利です。

で、上記を両方揃えての使い方がコレです。

SpaceNavigator PE 03
右手にマウス、左手にスペースナビゲーター、真ん中にキーボード。サイバーだ!
これでセカンドライフが快適に出来るようになれば・・・。
しかし、スペースナビゲーターはMacではドライバの完成がまだまだのようでグーグルアースさえも操作出来ませんでした。
(結局ウインドウズでやることに・・・)

最後にガイドブックと任天堂DSのソフト「えいご漬け」と「もっとえいご漬け」。

Amazon Shopping 02
セカンドライフ内での公用語は英語です。
私も少しばかり海外で生活していた事があるので多少の英会話(中学英語くらいですが・・・)は出来ると思っていましたが、先日やはり英語力のなさを痛感しまして少しでも勉強しようと思い買ってみました。
でもまだ開封さえしていない・・・。

ということで、レビューにもなっていませんが買い物報告でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/07

ガンダム使っとけば間違いない

年末年始の実家帰省から帰り、ひげものばしたままだったのでシェーバーで剃ろうとしたら・・・動きません!

「ちょっと日数経ったからバッテリが切れたのか?」と思い充電したのですが一向に動く気配なし。逆に本体が異常に熱を帯びて火がつきそうな勢いに!!

 

どうやら壊れたようです、あぁまた出費・・・。

 

ただテレビのCMでやっているようなものでなければ、シェーバーも40005000円くらい出せばそこそこのものが買えます。ただ、そういうデバイスものに関してはよく吟味するのが私の性分なので適当には買いません。

 

しかし、ひげをそのまま伸ばしておくわけにもいかないので、とりあえず電気シェーバー買うまでのつなぎとしてT字型の髭剃りとシェービングジェルを買いにコンビニへ。

 

3種類くらいおいてあるT字の剃刀はどれも似たり寄ったり。それだけ差別化しづらい商品なのでしょう。

 

しかし、こんなものが!

送信者 髭剃

なんとドムのミニミラーのおまけがついた剃刀です。これは我々の世代にはどんぴしゃ。

剃刀自体が同じならばおまけで差別化ということのようです。しかもガンダムもの。

PS3のローンチタイトルではありませんが「とりあえずガンダム」みたいな事も我々のような人種が多いからでしょう。

 

送信者 髭剃り

取り出してみて、なぜドムかというのが分かりました。黒い剃刀が3本=「黒い三連星」ということなのでしょう。

 

「迫撃!剃りプル・ドム」といったところでしょうか?(意味不明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/27

新宿ヨドバシにて・・・その1

今日、近々購入しようと思っているブツを下見に新宿ヨドバシカメラへ出向きました。

そのブツとは液晶テレビと携帯。もう欲しい商品は決まってるんですけどね。最近はとしをとったのか何なのかわかりませんがあまり勢いで買う事がなくなり、じっくり下見してから買うようになっています。まぁ、携帯はともかく液晶テレビは額が少々大きいので・・。

下見を終えて店を出ようとした時、見つけてしまいました、面白そうなもの。

HONEY BEE_01

Honey Bee」というラジコンヘリコプター。

デジタルデバイスや車のパーツくらいしか買っていなかった最近の買い物のなかではめずらしい買い物、いわゆる「おもちゃ」です。

ラジコンヘリといってもパッケージを見て頂ければ分かるようにインドア用しかも機体は手に乗るほどの小型です。値段もお安く3890円(だったかな?)です。「じっくり見て買う」のとは逆に衝動買いしてしまいました。何か最近の買い物時にはないわくわく感を抱きつつ帰宅。早速取り出して遊んでみました。

パッケージやホームページにあるとおり簡単操作ですぐ飛ばせます。というか動かすことは出来ます。飛ばすのは結構苦労します。

というのはこの小ささゆえしかたがないのかもしれませんが、機体がなかなか安定してくれません。ホバリング時もくるくるとまわってしまいどこに飛んでいくかわかりませんw。先ほど一時間くらい後、やっと空中でのホバリングが出来るようになってきました。でも、そこから動かすのはむずかしい・・・。(本当は飛んでる姿を撮影してYOUTUBEにあげようと思いましたが、とても片手で操作して片手で撮影出来るほど簡単ではなかったので超熟練の域に達したらやってみます。)
実は、操作できる方向が上下と左右だけなので「上昇後、前へ進む」とか「後退」とかが思うように出来るわけではないんですよね。ちょっぴり残念。(前に行かないわけではないです。思った時に行かないだけでw)

でも、画面の中ではなく実際のものを動かすってのは面白いです。飛んでいる様は「部屋の中でトンボがとんでいるよう」ですw。久しぶりにわくわく感を感じました。

気晴らしに良い一品かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/05

正確な現状認識からの大復活

一個下の記事で、正確な現状認識からのスタートが大事だということを書きましたが好例をご紹介。

っていっても、例のごとくアップルと任天堂のお話ですがw・・・。

まずはアップル。

1997年、現在のiPodブームの隆盛しか知らない人達には信じられないほどアップルは瀕死の状態にありました。(実は私、当時、幸か不幸かそのような状況を知らずに最初のマックPowerMacintosh7600を購入しました。)
「アップルはもう終わった」と思われ「アップルはその役目を果たした」かのように各メディアで扱われ、アップルの最後を見取るのに創業したスティーブジョブズが戻ってきたかのように思われていました。

しかし、それは違っていました。

スティーブジョブズはその年の夏にボストンで行われたマックワールドでの基調講演で次のように話しました。

Macworld Boston 1997 (from YOUTUBE)

この基調講演では、特に新しい製品やテクノロジーの発表があるわけではありませんでした。しかも、この基調講演では当時のありのままのアップルの姿をとらえ、将来に向かってなにを直さなくてはならないのか?そしてなにを売りにすればいいのか?という点にフォーカスした内容で、とても現在のジョブズからは想像出来ないような講演の内容でした。

しかし、このありのままの現状認識があったからこそその後の道筋をつけられたのではないでしょうか?
そういった意味では、現在のアップルのスタート地点といえる重要なポイントでした。

続いて任天堂。

これはすでにこの基調講演が行われてから時間も経っているため、様々なところで賞賛されているのをご存知かとは思いますが、あらためて見ても日本のメーカー、また日本人の基調講演としては素晴らしく、共感でき、感動に近いものがある内容だったと思います。

任天堂『Wii』発表岩田社長基調講演

任天堂は「大復活」とくくるほど落ち込んでいるわけではないですが、据え置き型ゲーム機ではNintendo64、GAMECUBEなど辛酸をなめております。その状況を見つめなおし、そして現在の社会情勢を鑑みた上で家庭用ゲーム機がどのようにすればお客様に買ってもらえるのか?をこれでもかというくらいロジカルに話しておられます。
「DSが売れているからといって、Wiiが売れるということには全くならない」、「どうすれば親御さんにも「ゲームなんか・・」と敵視されず、また親御さんにも使って頂けるモノとして家庭に入っていけるのか?」などなど、これを聞いているだけで買いたくなってきます。

このように、素直に自分たちの現状を正確に認識することが大事な事をこの2社はわかっています。

あの会社にもぜひ現状認識の大切さをわかってほしい・・・(無理だと思うけど)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/21

ようやく落ち着いた(でもまたすぐに・・・)

あまり、日記カテゴリーとしての記事は書いていないのですが、かなり忙しかったのがようやく落ち着いたのでたまには書いてみます。
ある企業の一年に一回行われる大会のビデオを作っていましたが、その間に別件の仕事もやったりとバタバタと忙しかった・・・。充実感より虚脱感・・・。「はぁ・・・。」って感じでしょうか。
「忙しいのがあけたらXactiHD1A買おう!」と目標を立てて(!?)頑張ってたら、いつの間にか社長が買っちゃっていて、ある意味目標失うし・・・w。何買おう?(そうじゃないか)

でも、一段落も一瞬で来週後半は熊本ロケです。

その後は本日打ち合わせてきたのですが、年末に向け、また、かなり忙しくなりそう。最近長期休暇って何?って感じで最長休んでも3日とか。しかも休みなのに何かしら仕事の準備してるとか・・・。よくないね。

たまには完全フリーの休暇とってみたい、一週間くらい。
まぁ、でも性格的に無理だね。「何もしない。」ってのがたえられない性分なので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/21

夏風邪はやだね・・・

medicine
風邪をひいてしまいました・・・。
それでも編集しなけりゃいけないので、パブロンとルルと、モンゴル撮影の時にカメラを冷やす目的で大量購入しておいた熱さまシート(と思ったら熱ピタッ止シート!?)を駆使して何とか抑えてますけど夏の風邪は始末が悪いですね。
エアコンとかも、風邪をひいてるので消してみると部屋が暑くなりすぎ、じゃやっぱりつけようとつけてみると喉がいたくなったり・・・上手くいきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/06

TBSもHERO’sも終わった・・・

亀田戦に続き今日もTBS(というかK-1がというか谷川がというか)がやってくれました。
総合格闘技イベント「HERO’S」での桜庭和志VSケスタティス・スミルノヴァス戦。もうTBSは見る気がなかったのですが何か予感がしたのかチャンネルを合わせてしまうとたまたま桜庭の試合が始まるところでした。
ゴング直後、多少パンチを打ち込む場面があった桜庭でしたがスミルノヴァスのパンチがクリーンヒット!そのまま崩れるように桜庭が倒れ、かさにかかるようにスミルノヴァスがうずくまる桜庭にパンチの連打!PRIDEなら即試合ストップの場面・・・、しかしレフェリーは何を思ったかスミルノヴァスのラッシュをストップ。確かにロープ際での攻防ではあったのでドントムーブ>ポジション移動はルール上そうかもしれませんが、明らかに故意のブレイク。その後もフラフラ状態の桜庭、実況解説も「飛んでますねぇ。」、しかし試合続行。
最終的に桜庭が盛り返し(というかスミルノヴァスが攻撃しなくなった)決まりそうもない腕ひしぎが決まり桜庭の勝利となりました。
HERO’sは一応「総合格闘技」であり「プロレス」ではありません。何が違うかといえば「真剣勝負」=「事前に勝敗は決まっていない」という事なのだと思いますが、亀田戦同様桜庭勝利ありきで進行していたとしか思えない試合内容でした。
確かに桜庭がトーナメントを勝ちあがらないとPRIDEから来た意味がないのはわかりますが、だからといってあのレフェリング&勝敗では何の説得力もない。HERO’sは「総合格闘技」の看板を下ろすか「総合格闘バラエティ」とかに変更して欲しいと思います。それよりもアレだけ殴られて桜庭に後遺症が残ったらどうするんでしょう?誰が責任取るのか?
結局は桜庭にしても亀田にしても枠の中で演じるしかないのでしょうか?
亀田はまだいい、これからの人間だから。桜庭は格闘家としてもタレントとしても一番いい時期をすでに逃している。金を稼ごうと思ったら言うなりになるしかないとしたらかわいそう過ぎる・・・。個人的にはVSホイス戦で、猪木を超えたとも思えたくらいの格闘家だから。視聴率稼ぎにかりだすのはコレっきりにしてほしい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/03

現メディアの限界

昨日は『無我ワールド・プロレスリング』に行っていたため亀田戦を見る事はなかったのですが、今朝からの報道、またネット上での評判を見る限り相当見苦しい試合&結果となったようですね。試合を見ていないから(というか亀田戦を無我に対するアンチテーゼとしてとらえていたので、あえて言うならば見る気がなかった!)試合自体にどうこう言うつもりはありませんが、今朝の報道を見て言えるのは「現在のメディア(特にテレビ放送)はメディアとしての限界点(臨界点)にきている」ということでしょうか?
もう、純然たるものは何もなく全てを作り上げて台本どおりに進め、それをそれようものならスポーツの勝敗であっても金と圧力によってかえてしまう。
マスメディアの末期症状と言えそうです。
そんな事はずっと言われてきた事ではありますが、報道、ネットの評判を見る限りにおいて亀田戦は心底醜かったようで、この期に及んでTBSの昼のワイドショーで昨日の視聴率の推移を亀田本人をよんで話をしている姿は誠におぞましく、まさに「恥も外聞もない」という言葉がぴったりとあてはまります。
フジテレビが、そんながた落ちしているメディアの信頼性を少しでも取り戻すべく
PRIDE撤退をしたのは記憶に新しいところですが、TBSはそれがどういう事だったのか全く分かっていないのか、もしくはわかろうともしていないのか(もうそこまである人達に牛耳られてしまっているのか)・・・。
しかし、そんな腐りきったTBSでも何百万と見ている人がいる。内容がどうあれ視聴率を40%、50%と謳えば納得してしまうスポンサーがいる。少し時間がたてばそんな事があった事も忘れてしまう我々がいる。結局マスメディアのいいようにしか動いていない社会がそこにはある。

日本は本当にこのままでいいのでしょうか?

いいわけがない!

「見る」という行為により我々がその構造の一端を作り出しているのなら、「見ない」という行為によりその構造を崩す事が出来るかもしれません。

そろそろ日本人が本気でマスメディアとの付き合い方を考える時期にきているのではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/31

モンゴルより帰還しましたぁ!

モンゴルロケより帰還しました!一応ディレクター職なのでそんなに体力使ってないはずなのにかなりへばっった・・・。実は金曜の朝には帰国していましたが日曜までつっぷしてました。体力全くナッシング、要反省。

Mongol

まだばたばたしているので、とりあえず一言だけ。いや、なんつーか「日本ってちっぽけだな~」って感じでしょうか?なに?あの広大さは!?本日はそれだけ伝えておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)