2012/10/26

新Windows発売おめ!

昨日発売されたという新バージョンWindows。今回のポイントは、今までのWindowsの延長線上のWindows8というのに加え新たに「RT」とよばれる新バージョンWindowsが加わり、そしてOS屋でありハード屋ではなかったMSがRT専用のハードウェア「Surface」を作ったところにあります。それはまさにAppleで言うところのOSXが動くMacとiOSが動くiPadの関係といっていいでしょう。

 

大雑把に言ってAppleが世界最大の時価総額の会社になったのは、ハード(iPodからiPhoneそしてiPad)とソフト(iOS)の両方を同じ会社が作り、iTunesStoreというオンラインショップで音楽やアプリや映画等様々な買物をさせた事に起因します。「iTunes&iOS機器にはゴールドが埋まっている」世界のソフトウェア開発者がそう思って集結したのも大きいでしょう。それがついにはMSをも抜き去る事になりました。MSもOSを売るだけではなく、「そういうエコシステム」が巨万の富を生み出すことを認識、同じ事をMS流にやるためRTというiOSを作りSurfaceというiPadを作りました。
ということで今日に至ったという認識は誰もが認めるところだと思います。

 

では相当後出しになったMSのハード&ソフトはAppleに対抗できるのか?これはまだ製品を触ったことないからなんとも言えないのですが、とりあえずYoutubeの動画から使い勝手などを考えてみます。

 

 

 

上記、動画を見てみました。

 

まずSurface公式のPVです。一見してAppleのPVかと見まごうようなPVです。Surfaceを使ってやれることはiPadでも殆どやれそうです。違いとして強調されてるのはカバーにもなるキーボードだと思いますが、これが果たして消費者の選択のキーになるのかどうか?個人的にはならないと思います。これは「テキスト情報を発信する>そのために物理キーボードが便利」という解釈からくる発想だと思いますが、iPadはどちらかというと「情報(音楽や映画なども含め)消費端末」なんです。情報を見るため、聞くための端末。「情報の消費」がAppleのビジネスになってるわけです。真似をしようと思えば情報の消費に主眼を置くべきです。そしてもしどうしてもiPadでテキストをバシバシ打ちたかったらBluetoothのキーボードが何種類も出ています。

 

2つ目の動画はSurfaceとiPadのインターフェイス比較。

 

iPadより大きい画面で3:1くらいの画面割合でカレンダーとWeb閲覧とかマルチタスクが出来るのは便利そうです。またRTでそう呼ぶのかわかりませんが「People」はiOSにはない概念です。ようは「人」を中心にした情報の見方です。◯◯さんのメールとツイートとFacebook投稿が一覧できるというやつです。これも便利そう。
ただ出来る事は殆ど変わらないと思います。

 

出来る事が同じだとすると後はセンスの問題です。確かにSurfaceのインターフェイスはサクサク動いて気持ちよさそうですが老若男女誰もがあのインターフェイスをすぐに使いこなせるかと言ったらちょっと疑問です。個人的には、PCと違いスマフォやタブレットは一つのアプリが立ち上がり何かをする。他のことをやりたければまず前のアプリを終えて次のを動かす、というようにマルチタスクである必要はないと考えています。裏で動いているかはさておきです。それが老若男女誰でも使えるインターフェイスだと僕は感じますしAppleも考えていると思います。

 

そしてこのビジネスの趨勢を決めると思われるAppleで言うところのiTunesStoreですがそれがまだ現段階でははっきりしていません。僕が情報を追えていないだけかもしれませんが、MSのサービスで音楽を買ったり映画を買ったりという話をまだあまり聞いたことがありません。それもまずSurfaceが上手に離陸しないとついてこないはなしなのかもしれませんが。またAppleとの決定的な違いというか先行している部分といえるOffice系ソフト、ハードコアゲーム機のXboxとの関連性ももう一つ掴めていません。違いを打ち出すとしたらこの2点なんでしょうけども。

 

さて、個人的には上記のように感じた今回のMS新OS&新ハードの発表です。MSは再びAppleを追い抜くことが出来るのでしょうか?

| | トラックバック (0)

2011/04/28

iPad2たる意義

今まさに全国のアップルストア前にiPad2発売待ちの列が並んでいるというこのさなかですが、「なぜiPad2を買うのか(買い換えるのか)?」という問に答えを。

iPad2発表の基調講演の時かなりの時間を割いたのはiMovieとGarageBandの紹介でした。Appleは明確に他社のタブレットデバイスとの差を見せつけたのがこの部分です。

タブレットデバイスは当初クリエイティブ作業には向かず、ビデオや写真を見たり電子書籍を読んだりWebを見たりという「メディア消費デバイス」のように思われてきました。そこに追随するように他社のタブレットデバイスはこぞってメディア消費機能の高機能化をはかり、その部分ではiPadを超えるものが出てきていることも確かです。
しかし、Flashが見られない等の問題は抱えていつつもすでに初代iPadのメディア消費機能は必要十分なものがあったのです。そこからの高機能化ははっきり言って重箱の隅。つついてもそのデバイスの本質を左右する部分ではなかったのです。

今回Appleは、自らが切り開いてきた「パーソナルコンピューター」という概念をも覆す事になるかもしれないiPadというものの本質を「メディア消費デバイス」から「メディア消費&創造デバイス」へと再びごく短期間で覆す(修正する)方向へと動きました。これがiPad2の本質です。

確かにiMovieとGarageBandの機能はPCのアプリケーションに比べれば本当にシンプルな機能しかありません。しかしラフスケッチを描かない画家がいないのと同様、映像も音楽も誰もがその「一番シンプル」な部分から始め壮大な映画や素晴らしい音楽が生まれるのです。そのクリエイティブの一番シンプルな部分をiPad2が教えてくれます。

そんなハードウェア&ソフトウェアが作れるのは長年双方の開発を世界トップレベルでやってきた「Apple」という企業だからなのです。これは一朝一夕に他社が真似できない部分です。

「音楽作るとか映像作るとかそんなことには全く興味ない!!」

という方々はもしかしたらAndroid端末を買うほうが幸せになれるかもしれません。また初代iPadをお持ちの方も無理やり買い換える必要もないかもしれません。

しかし、高性能になったCPU、前後に設けられたカメラ等「メディア消費デバイス」としての性能も格段にUP!今買わなくても今後選ぶにはもう選択肢はしぼられる。iPad2はそういうデバイスなのです。



| | トラックバック (0)

2011/03/08

グーグルTVの日本発売は・・・ない!

テレビとネットがひとつに!気になる“グーグルTV”の日本発売は? (東京ウォーカー) - Yahoo!ニュース http://bit.ly/gExa8m
これみよがしにYahoo!ニュースのコンピュータカテゴリに載っていたのでカウンター記事を書いてみます。

上記記事には「グーグルTVではテレビで放送が見れて、ネットも見れて、サッカーの試合を見ながらTwitterでつぶやく事も出来てAndroid端末をリモコンにできて・・・」と薔薇色のテレビ未来を描いている感じですがGoogleTVの本質はそんなところではありません。GoogleTVのキモはなんといっても「テレビに検索という視聴率以外の指標を持ち込むこと。」だと思います。

テレビ業界は一応一般的に「視聴率」を指標に競争が行われているといわれています。
「視聴率による競争がありその上で編成が行われ、人々の一番テレビに接する時間に競争のトップが商売できる」これがテレビ業界でテレビ局や広告代理店が仕事をするキモです。それは「人々がゴールデンタイム&プライムタイムにテレビに接するという行為自体が薄れている」という事がわかってきた今でも続きます。

しかし視聴率の曖昧さはここ数年はっきりとしてきました。視聴率の曖昧さは「視聴率 問題点」とでもググって頂ければいくらでも出てきます。そこへ「検索」というはっきりした指標を持ち込む事でGoogleは自分たちのテレビビジネスを展開しようとしています。
テレビ局や広告代理店はそんなことをされては仕事が出来なくなってしまいます。


ところで、日本で「テレビ」といえば「地上波放送が受信できる受像機」というのがごく一般的な認識です。では今現在「テレビ」を誰でもどんなメーカーでも資金さえあれば作って売れるかといったらそれはほぼ不可能です。
日本で地上波テレビ放送が見られるテレビを売るにはB-CAS社&ARIBからB-CASカードを発行してもらわないと地上波放送が見られるTVを製造&販売することが出来ません(作るだけは作れるかもしれませんが結局売れませんw)。それが非関税障壁になってるのは有名な話。その証拠に韓国製など海外メーカー製テレビはほとんど国内で販売されていません。日本でのテレビ販売は事実上B-CAS社&ARIBに制御されていると言っても過言ではありません。
B-CAS社&ARIBが何者かはWIKIって頂ければと思いますが、ざっくりいってテレビ業界・家電業界・総務省の天下りが一体となった組織と言われています。もう何をかいわんやの組織です。

そんな状況のもとでテレビ業界の驚異になるGoogleTVなるものにB-CAS社&ARIBがB-CASカードを発行するわけがありません=GoogleTVでは地上波を扱う事が出来ません。果たしてそんな「地上波が見られないテレビ」を一般的消費者が購入するでしょうか?


「地上波が見れないといけないの?YOUTUBE、USTREAM、ニコニコ動画が見られるSTBを外部入力につければいいじゃん。」
これはアーリーアダプターからはよく聞かれる意見だと思いますが、テレビを見なくなったとされる今でもテレビには地上波放送を求めているのが日本の一般消費者の現状です。これは非常に超えづらいキャズムであると個人的には感じています。
ごく一般的な日本の消費者は地上波放送を見れないものはテレビと認めません。その価値観こそがテレビビジネスの護送船団・既得権益を維持させている元であり、今後もテレビビジネスが今までやってきた60年と同じで良いと思わせている元凶なのですが。
しかしまだまだ一般的な人々はマスメディアの情報をもとに生活しているのです。

個人的にはGoogleTVに日本上陸を果たしてもらいテレビビジネスを一変させて欲しいとは思っていますが事はそう簡単には運ばない様子です。
ただこのようなネット記事の露出により一般消費者からメーカーに「GoogleTVはどうなってんだ?
出さないのか?」という多くの問い合わせとか、家電メーカー自体がそういう機能を取り込まないとグローバルな家電競争に勝てないという恐怖心から機能を搭載する、またそもそも日本のテレビメディア以上に強大なパワーを持ったグーグルの強制黒船的開国、などの事で日本上陸がないとはいえません。

いずれにしてもそんなに簡単にGoogleTVが日本上陸を果たすことはないのではないか?という認識を持っておかないと「もうすぐにUSTやYOUTUBEの時代が手に届くところまで来ている」的な営業話に簡単にのってしまい、新規事業などで失敗してしまう事がないともいえません。

「テレビとネットを融合させて新たなメディアの創造を!」という話は幻想として、ネットのメディア単体の自立を真剣に考える時期に来たのではないでしょうか?

| | トラックバック (0)

2009/10/01

twilogをはじめてみました

twitterをはじめてみるまでは「1行ブログで何が伝えられるのか?」ってな感じだったんですが、はじめてみるとiPhoneでやっているせいか、楽だし書きたい時に書けるし読みたい時に読めるし文字数制限なんか気にせずにtwitterばかりやるようになっています。
ただ、せっかくこれだけtweetしても通常のwebの体裁にはなっていないのでtwitterやっていない人には全く見られていないのが残念。
そこでtwilogを始めました。
twilogはtwitterでの自分の発言をブログ形式でまとめてくれるサービスです。すばらしい!

私のtwilogのURLはこれです。
http://twilog.org/ebichan2000

これでtwitterでのつぶやきもやってない人にも見てもらえる、ってか私のつぶやきは特殊な内容なので一部の人にしか受けないと思いますが。

当ブログよりもメインになってしまうかもw。

| | トラックバック (0)

2009/07/23

twitterの捉え方

にわかに日本でも盛り上がりをみせているtwitterですが、みなさんはつぶやいてますか?


私も最近ようやくつぶやき始めましたが、実は一年前くらいから気にはなっていました。しかし、新しもの好きな私でもどうも「一行ブログ的なものがそんなに楽しいのかいな?」と感じなかなかやってみる気になれませんでした。
しかし、始めてみてその面白さがようやく分かって来ました。

これはまさに一行ブログであり、一般的なブログ記事とブログ記事の間の事さえもネット上にUPして共有してしまおうって事でしょうか。
今までも様々な人のブログをRSSリーダーなどを使って読んで来ましたが、その方々のつぶやきを読んでいくと「普段こんな活動(生活!?)をしてるんだ」とか「こんな思考をしてるんだ」ということがわかり、「そういう行動や思考からあのブログの記事になるわけね」という時間軸のつながりのようなものが見えてくる気がします。

もっとマクロに捉えると、ブログほど情報を整理せず思いついたそばから脳内情報をネット上にUPするわけですから、ブログより人間の直感的・本能的情報がネット上にUPされていると言えそうで、この情報量が膨大に蓄積されたら何か凄い事がおこりそうな気がします。
そういう捉え方をすると「twitterって凄いかも!?」と感じられます。

ただ、物事にはだいたい良い面と悪い面が存在します(笑)。

システムとして優れているのか時期が来ていないだけなのかわかりませんが「twitterが荒れる」というのをまだ聞いた事見た事がありませんが「twitterは荒れない」のでしょうか?
誰でも本当に簡単にアカウントが取れメール認証があるとはいえリアルで無名な人は無名なまま(匿名なまま?)発言出来ると思います。
例えばあるタレントのつぶやきにネガティブなリプライをしたとしてそのタレントからフォローを拒否された場合。
ブログのコメント管理と違いtwitterは自分のつぶやきは自分で管理するわけですから、フォローを拒否るのも難しい判断になってきそうです。twitter上では荒れなくてもその事を機にどこかの掲示板やブログが炎上しそうな気がします(ハリウッドスターとかでつぶやいている人達ってどうしているんだろう?)

まあ、色々心配事はありますがとりあえず私も楽しんでいるところです。
(ブログパーツもはってみたことですし)

| | トラックバック (0)

2008/12/30

メディアの新しい見方①

年末の大掃除にあわせ、やろうやろうと思っていた事をやっとやってみました。雑誌のデータ化です。

データ化したものが週刊アスキーというのがなんですが、まだ読んでいない部分で情報として使える部分もあるかもしれないのでアーカイブしておきたいと思いました。しかし、雑誌をそのまま取っておけば場所をとられるだけ。また積み上げた雑誌の中から昔の記事を探し出すのは至難の業。

ScanSnapという書類読み込み専用のドキュメントスキャナを使い、裁断した雑誌を次々にpdfにしていきます。この作業をするとこのようになります。

Scansnap

pdfデータなのでAdobe Readerなどで見ることが出来ます。見ようと思えばiPhoneなどでも見られます。部屋の中で場所をとっていたものがなくなりデータ化されOCRソフトなどを使えば中身の検索も出来るようになります。非常に便利に。

実は今冬、現在流行中のnetbookPCを買って3年以上使ってきたこのtabletPCに別れを告げようと思っていましたが、この使い方をやりだすと俄然tabletPCの優位性が際立ってきて結局netbookを買うのを見送りました。もう少し軽かったら良いのですが雑誌を見るのと変わらないスタイルで見られるのはいいですね。また、このくらいの画面サイズがあると見るのが楽です。
先日産経新聞がiPhoneで新聞を全部読めるというアプリを出しました。あれはiPhoneのズームインアウト(ピンチインアウト)があるから成立していますが、やはりもう少し大きい画面で見たいですね。

もう今の時代はなっからこうやって売ってほしいと思っているのは私だけではないでしょう。紙媒体がなくなることはまだまだ無いと思いますがいきなりデータで欲しいという人はかなり増えているのではないでしょうか?
データ化されればコピーが簡単に可能になるという映像や音楽と同じ問題もつきまといますがなんとか実現させてほしいと思います。
だって、50冊近くデータ化したらもう丸一日作業でしたのでw。

| | トラックバック (0)

2007/10/19

起きてはいけない事がおこってしまったのか!?

今日は朝から仕事が手につきませんでした。なぜか!?
それは、私が全幅の信頼を置いていたあのグーグルが情報隠匿に加担したのではないかという疑念を抱かせる出来事が起きそれが未だに全くはれないからです。

いわゆる「初音ミク」問題です。

初音ミク、知っている人は「あぁ、アレ。」となりますが知らない人は「初音ミクってなに?」ってことで「よしググろう。」ってことに今の時代はなるわけですがそのグーグルがもしありもしない情報を検索結果に載せたり情報自体がないかのごとく表示されてしまったらどうなるでしょう・・・。

概要を話すと長くなってしまうのでこちらのまとめサイトで確認して頂くとしてポイントは「グーグルだけではなくヤフーの画像検索やエキサイト、その他の画像検索でもほとんど同時期に同じように画像が出てこないなんてことがあり得るのか?
また、普通に出てくる検索エンジンも存在するのに(msnなど)それとどこが違うのか?」
ってところの疑問が全く晴れません。
電○やT○Sの陰謀説も流れているわけですが、こんな状況はどこかから圧力がかかったかどうかはともかく意図的に行われたとしか思えません。
もし「外部から攻撃を受けてそうなってしまった」だとか「検索エンジンの性能でそうなってしまった」というのであればそれもそれでグーグルへの信頼は失墜します。
現在グーグルでも調査中とのことらしいですが、どう転ぶにしてもよい方向にはいかないでしょう。

グーグルは大げさに言えば、一握りの官僚や政治家またそれを取り巻くマスコミの思うように国を動かす一極集中型の国家運営から、様々な情報を知る事によりフラットな世界をもたらす意義深いテクノロジーだと認識される事があったわけですが、私もちょっと妄信しすぎたのかもしれません。Gメールとかももしかしたら外部の者にのぞかれたり・・・。考えだすと怖くなってきます。

とりあえずは公式発表を待ちたいと思いますが、今は完全に裏切られた気分です。
「単なるバグだった」とかお茶を濁すのだけはしてほしくない。グーグルを使う人もここまで広がっているのだから説明責任があります。政治と同じように逃げていたら今回の件はずーっと尾を引くと思います。

やっぱり人の心は低きに流れてしまうのか・・・。

追記:抗議の意味で(超微々たる抗議ですがw)グーグルアドセンスを削除しました。まぁ、出しておいてもほとんど意味ないので。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/18

Googleの術中にはまってしまった!

私はapple信者とともにGoogle信者でもあります。

Googleのシステムによって行われる全自動広告システムは既存の広告のあり方を壊し(=マスメディアを壊し)新しい秩序を造ってくれる(はず!?)。

だが、しかし・・・。

私、検索後に表示される広告のリンクに殆ど飛んだ事が無ければ、Gmailに表示される広告もクリックしたことは皆無といえるのではないかと思うほどGoogleの広告につられたことはありませんでした、今日までは。
しかし、本日GoogleのAdにまんまとはまってしまいました。

24 ジャックバウアーモデル メッセンジャーバック
ハリウッドコレクターズギャラリーというサイトの予約販売です。私も予約してしまいました。
最近三つ目の衝動買い・・・。
何に引っかかったかといえば、ネットDVDレンタル「DISCAS」の発送のお知らせをGmailでチェックしたところ「24season5の12枚目」が発送されていました。その上にちょこんと「ジャックバウアーのバック・・・」とかそれくらいの文字数だったのですが「あぁ、あれだ!」とピーンときまして、すぐにクリック!そのまま流れるように予約までしていましたw。

「ジャックはなんであんなバック持ってんだろう?なんか微妙・・・。」とシーズン5見ながら思っていましたが、買えるとなると「ん~、やっぱかっこいいかも。」なんてw。

Googleを応援しつつもその広告システムに疑問を抱いていましたが、今回の私のような人が何億人といれば、近い将来新しい秩序を造ってくれることは間違いないでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/23

Pod safe musicなんてのがあるんですね

みなさんRIAA(全米レコード協会)が故人を訴えた話を知っていますか?
私も知らなかったのですが、最近ガジェット系の情報サイトとして有名になりドメスティックなサイトも立ち上げられた「GIZMODE JAPAN」さんのサイトで知りました。

全米レコード協会が死者を著作権違反で訴えた件の後日談

なんかこれをよむと、日本のJASRACどころの騒ぎではないですね。数倍上をいっている感じです。人間のやる事とは思えませんw。

日本では、最近JASRACも多少考え方を変えたのか(多少ですあくまでも。ほんの極々わずか)、ブログやポッドキャスト等で一般的な楽曲が使用出来るように新たな使用料率などを発表したようです。 JASRAC、ネットCMにおける音楽使用料率などを発表(インプレス)

しかし、これもやはり既存のメディア向けのもので決して我々一般人の楽曲利用がしやすくなるためのものではないでしょう。

ポッドキャストやビデオキャストを制作しだすと、必ず突き当たる壁の一つが「音楽利用」だと思います。ビデオの方はあくまでも映像が中心なので音楽に関してはフリーの楽曲でもとりあえずは妥協できると思いますが(でも同じ映像でもバックの音楽のクオリティによって格段に差が出ます)、ポッドキャストは音が勝負!なのでポッドキャスターの方たちは「お気に入りの曲を流してラジオのDJのような進行をしたいなぁ・・・。」などと思われている事でしょう。

しかし、そんな人達のための味方があったんですね。

Pod safe music network

アマチュアミュージシャンが「自分の曲をもっと聴いてほしい」とかプロでもプロモーション目的でもっと広く聞いてほしいという考えで、「ポッドキャスティングで使用できます」という楽曲を集めダウンロードして使用出来るようにしたサイトだという事です。以前からフリーの楽曲を登録して使ってください的なサイトはいくつかありましたが、このブログ&ポッドキャスト時代になってきて爆発的にニーズが増えるところに目をつけたという事でしょうか。

完全に自分の好みの曲が流せるわけではありませんが、チョット聞いただけでもクオリティが高い曲ばかり。なんとあのディープパープルの登録楽曲もあるようです。トークの合間をこれらの曲でつなげば番組全体のクオリティが格段に上がる事が予想されます。日本でも同じようなサイトがいくつか出て来ているようですが、チョット前に話題になった元SME社長の丸山さんの立ち上げられたサイト「mF247」が同じような性格を持っているようです。その後どうなっているのかとのぞいてみましたが着実に運営をされているようで嬉しいです。

このご時勢、もはや押し付け状態でメガヒットが生まれるとは思えないし、今の日本の音楽業界では本当にいいものがあったとしても日の目を見ない事の方が多そうです。

Pod safe musicのような流れは本当にいい音楽を見つけるのにもいい事だと思うし、ブログやポッドキャスト制作側からしても歓迎すべき事だと思います。

既存メディアからしたら草の根的なもので取るに足らない事だとは思いますが、そのメディア自体が揺らいでいるこの時代です。ぜひこの流れが本流になるべく関係者の方には頑張って頂き、我々はそれを有効利用して盛り上げていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/18

地図ソフトを買ってしまった・・・

Google mapとか様々なソフトが無料化していく中
あまり買いたくなかったのですが買ってしまいました。
Super Mapple

「Super Mapple Digital ver.7」
カーナビにPCで調べた地点データを取り込む為だけに買いました。
カロッツェリアのサイバーナビはいまやHDDを取り外し家で地点編集やルート編集が出来、MP3の取り込みまで家の中で出来るようですが、当方装着のstradaはSDカードがPCとやりとりする唯一の手段です。
しかも地点データなどは特殊な形式のデータでこのソフトがないとやり取りが出来ません。
この時代、どなたか解析している方がいてGoogle mapからそのデータを出したりする人がいないかなぁ、と調べて回りましたがいませんでした。ぐすん。

本日試しましたが、やはり車の中でごにょごにょと検索活動をするよりは楽な感じでした。
でも、ただそれだけw。

| | コメント (0) | トラックバック (0)