2012/09/13

Appleキーノートへの驚きがないことへの心配に対して

テクノロジーライターの大谷和利さんが今回のAppleキーノートを見て次のような記事でAppleを心配されていました。

驚きのなさに驚いたiPhone5の発表イベント

僕はこの記事を読んで少し疑問を持ったというか、わかるんだけどもう少し深く見たほうがいいんじゃないかなと思いました。

まずiPhoneですが、もうこの形、このOSで出来る事の殆どはここまででかなりやりきっているんだと思いました。CPUの性能が上がったり通信システムがLTEになったりという細かい更新事はありますが「マルチタッチで操作するんです」だとか「ジャイロセンサーで画面の向きが変わります」といったようなそれまでの携帯電話になかった大きなファクターはもはやそうはありません。
そしてスマートフォンがこの形である限り、他のメーカーも想像を超える大きな変化はなかなか作り得ないと思います。例えばカメラ。あんな薄いところに極限まで小さくしたカメラを埋め込んでいるのです。ここから変えようと思ったらiPhone自体の形を大幅に変えないと難しいでしょう。

故にジョブズがやっていたような「大きな演出」はもうiPhoneのキーノートにフィットしなくなりつつあるのだと思います。(情報のリークに関しても上記理由からそこまで徹底して隠す必要がなかったとも言えると思います。)

また、その「大きな演出」はスティーブ・ジョブズだから活きていました。

ジョブズは言うなれば「稀代のロックアーティスト」でした。その最高のアーティストがギターを奏でるから聴衆が陶酔するのであって、そうでない人がギターをいくら上手く弾いても上手いだけでしかありません。ジョブズが死に際クックに「俺と一緒のことはするな」と言い残していったという話がありますがキーノートについてもそれは言えます。

私がAppleを心配するとすれば携帯電話や音楽プレーヤー、PC、タブレット以外にAppleが進出するカテゴリーを発掘し続けられるか?というところにあります。
直近で一番期待されるカテゴリーが「テレビ」ですが、これも説明すると長くなるのでここでは言いません。しかし相当に困難なカテゴリーです。そういうカテゴリーを見つけ出し続ける目を持った人物がいるかどうか?また見つけた時にリスクを取って実際に進出する勇気があるかどうか?そこにAppleの未来はかかってると思います。

| | トラックバック (0)

2012/06/27

ひっそりと、しかししたたかにPodcastアプリリリース

Podcast_3
Apple、ポッドキャスト専用iOSアプリ「Podcast」をひっそりと公開
自動ダウンロード、ストリーミングも可能に(インプレス:InternetWatch)

Appleから純正のiOSデバイス向けPodcastアプリが正式なリリース告知もなく公開されました。

一部の噂でiOS6の発表とともにPodcastアプリがリリースされるという噂もあったのですが、それを待つこともなく本日のリリースになりました。インプレスさんの記事にあるようにひっそりと発表しているのでそれ程意味が無いことかと思われるかもしれませんが私は違う印象を持っています。

そもそもPodcastとは何か?という事なのですが詳細はウィキペディアで調べて頂くとして簡単に言いますと、まだブロードバンドがここまで普及する以前にPCやiPodでネットラジオやネット動画を楽しむためのサービスの一つでした。出てきた当初からiPodで聞く(見る)事が前提となっていたサービスで、当時はまだここまでブロードバンド&ワイヤレス・インターネット化が進んでおらず、自宅のPCのiTunes上にまず番組を取り込み、それをiPodに同期させて聞くサービスでした。

その後急速にブロードバンド化が進みテレビと遜色ない映像がネット経由で見られるようになって来ましたが、Podcastが大きく変化することなくYouTubeの台頭によりどちらかと言えば「忘れられたサービス」になりつつありました。

しかし今時代は完全にiPhone時代(笑)。色んななWebサービスがiPhone基準で考えられ、Apple社もこのシェアを生かして様々なビジネスをiPhone基準で行うようになって来ました。

先日発表されたiOS6では今までのグーグルマップをやめ、Apple社独自の地図サービスを始めるという発表をしたばかりですが、一般向けのネット動画サービスに関してもそんなエコシステムを考えないわけがないでしょう。

そうです、このPodcastアプリはあのYouTubeからも離脱するための布石ではないか?ということです。

YouTubeも最近はチャンネルサブスクリプション(購読)をおすような動きをしていると思うのですが、映像配信者に対してもこれまでのようにあまり脈絡なく動画を上げるよりもある一定のテーマを持って上げる事を暗に要求しているような動きにも思えます。(そのチャンネル購読の考えは元々Podcastの考えでした。)それはいつまでも玉石混交の動画が入り混じるITリテラシーの乏しい人にはわかりづらい映像メディアから、誰でもチャンネルを選べばある一定のテーマをもった動画がTVの様に見られるというさらなる大衆化を考えた動きに移ってきているように感じます。そこへもってきて元々がチャンネルベースだったPodcastがダウンロードからストリーミングも可能になり、しかも携帯端末一つで簡単に視聴出来るようになると考えればAppleが一般向け動画・音声メディアとしてPodcastの再興を再考していると考えられなくもありません。

YouTubeとの差はブラウザで見れるか見れないかにある?とも思われますが、結局これだけのiOSデバイスの普及を考えればブラウザで見る事は差し引いても、逆にこれから出ると言われるiTVにもこのPodcastが載れば一般向け動画メディアとしてはこれ程筋が通る話もないでしょう。

ということで、生前ジョブズがAndroidを出すグーグルに対して激怒した事に端を発しているかどうかはわかりませんがApple社は今着実に様々なグーグルサービスから離脱を図ろうとしています。その最たるものは音声アシスタントの「Siri」だとも言われていますが、このPodcastもグーグルが展開する一般向けリッチメディアのYouTubeからApple独自サービスに呼び戻す戦略の一つではないか?と捉えるのが面白い考え方ではないでしょうか?



| | トラックバック (0)