« Appleキーノートへの驚きがないことへの心配に対して | トップページ

2012/10/26

新Windows発売おめ!

昨日発売されたという新バージョンWindows。今回のポイントは、今までのWindowsの延長線上のWindows8というのに加え新たに「RT」とよばれる新バージョンWindowsが加わり、そしてOS屋でありハード屋ではなかったMSがRT専用のハードウェア「Surface」を作ったところにあります。それはまさにAppleで言うところのOSXが動くMacとiOSが動くiPadの関係といっていいでしょう。

 

大雑把に言ってAppleが世界最大の時価総額の会社になったのは、ハード(iPodからiPhoneそしてiPad)とソフト(iOS)の両方を同じ会社が作り、iTunesStoreというオンラインショップで音楽やアプリや映画等様々な買物をさせた事に起因します。「iTunes&iOS機器にはゴールドが埋まっている」世界のソフトウェア開発者がそう思って集結したのも大きいでしょう。それがついにはMSをも抜き去る事になりました。MSもOSを売るだけではなく、「そういうエコシステム」が巨万の富を生み出すことを認識、同じ事をMS流にやるためRTというiOSを作りSurfaceというiPadを作りました。
ということで今日に至ったという認識は誰もが認めるところだと思います。

 

では相当後出しになったMSのハード&ソフトはAppleに対抗できるのか?これはまだ製品を触ったことないからなんとも言えないのですが、とりあえずYoutubeの動画から使い勝手などを考えてみます。

 

 

 

上記、動画を見てみました。

 

まずSurface公式のPVです。一見してAppleのPVかと見まごうようなPVです。Surfaceを使ってやれることはiPadでも殆どやれそうです。違いとして強調されてるのはカバーにもなるキーボードだと思いますが、これが果たして消費者の選択のキーになるのかどうか?個人的にはならないと思います。これは「テキスト情報を発信する>そのために物理キーボードが便利」という解釈からくる発想だと思いますが、iPadはどちらかというと「情報(音楽や映画なども含め)消費端末」なんです。情報を見るため、聞くための端末。「情報の消費」がAppleのビジネスになってるわけです。真似をしようと思えば情報の消費に主眼を置くべきです。そしてもしどうしてもiPadでテキストをバシバシ打ちたかったらBluetoothのキーボードが何種類も出ています。

 

2つ目の動画はSurfaceとiPadのインターフェイス比較。

 

iPadより大きい画面で3:1くらいの画面割合でカレンダーとWeb閲覧とかマルチタスクが出来るのは便利そうです。またRTでそう呼ぶのかわかりませんが「People」はiOSにはない概念です。ようは「人」を中心にした情報の見方です。◯◯さんのメールとツイートとFacebook投稿が一覧できるというやつです。これも便利そう。
ただ出来る事は殆ど変わらないと思います。

 

出来る事が同じだとすると後はセンスの問題です。確かにSurfaceのインターフェイスはサクサク動いて気持ちよさそうですが老若男女誰もがあのインターフェイスをすぐに使いこなせるかと言ったらちょっと疑問です。個人的には、PCと違いスマフォやタブレットは一つのアプリが立ち上がり何かをする。他のことをやりたければまず前のアプリを終えて次のを動かす、というようにマルチタスクである必要はないと考えています。裏で動いているかはさておきです。それが老若男女誰でも使えるインターフェイスだと僕は感じますしAppleも考えていると思います。

 

そしてこのビジネスの趨勢を決めると思われるAppleで言うところのiTunesStoreですがそれがまだ現段階でははっきりしていません。僕が情報を追えていないだけかもしれませんが、MSのサービスで音楽を買ったり映画を買ったりという話をまだあまり聞いたことがありません。それもまずSurfaceが上手に離陸しないとついてこないはなしなのかもしれませんが。またAppleとの決定的な違いというか先行している部分といえるOffice系ソフト、ハードコアゲーム機のXboxとの関連性ももう一つ掴めていません。違いを打ち出すとしたらこの2点なんでしょうけども。

 

さて、個人的には上記のように感じた今回のMS新OS&新ハードの発表です。MSは再びAppleを追い抜くことが出来るのでしょうか?

|

« Appleキーノートへの驚きがないことへの心配に対して | トップページ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新Windows発売おめ!:

« Appleキーノートへの驚きがないことへの心配に対して | トップページ