« ひっそりと、しかししたたかにPodcastアプリリリース | トップページ | Appleキーノートへの驚きがないことへの心配に対して »

2012/09/02

この夏マスコミが全く伝えなかったこと

もう夏も終わりますが、今年の夏ほど戦後多くの日本人が「日本てなんなんだろう?」「国ってなんなんだろう?」と考えた年はなかったんじゃないでしょうか?
それが中国・韓国などの隣国の領土領海侵犯、李明博の天皇陛下に対する非礼な発言などによって気づきはじめたのは皮肉ではありますが、とにかく多くの日本人が気付きました。

「日本の周りでは本当は大変なことが起きているのかもしれない。」と。

それは今年始まったことじゃなくず〜っと続いてきたことだったのですがそれをマスコミが伝えなかったため多くの日本国民はそんな事態があると認識もしていなかったと思います。しかし、ネットの普及がリアルな情報にたどり着ける人を増やしマスコミに圧力をかけ始め、ほんの少しずつではありますが真っ当な情報を流し始めた年にもなったと思います。

それでもこの夏の話題の中心でありながらマスコミが全く伝えていないことがあります。

それは、先日香港の活動家に続き日本人が尖閣諸島に上陸したというニュースがありましたが、その活動のほとんどを仕切りあの上陸に至らしめた「頑張れ日本!全国行動委員会」の事です。

今の日本を憂い、この国を立て直すには草莽(国民一人一人)が立ち上がるしかないという趣旨のもと様々な活動を行なっている団体です。

この団体が尖閣ツアーの催行、船の手配、その他様々な準備を行い今回の行動を成功させました。同団体幹事長の水島聡氏はある層から「右翼テレビ」のレッテルを貼られるケーブルテレビチャンネル「日本文化チャンネル桜」も運営され、尖閣へのツアーは実は今回で10回目を数えるものでした。その過去9回があるからこそ、石垣の漁師の方も協力をし、海上保安庁さえも配慮のある対応をしてくれたという事もあります。

この件をマスコミは一切(というと語弊もありますが)報じていません。
なぜ報じないか?

これを報じたら多くの国民がその情報を求め、それを目にすれば戦後レジームから目を覚ますきっかけとなりうるからです。それだけ彼らの情報や行動は真っ当で理屈が通っているし、多くの人がそれを知れば燎原の火のごとく広がりを見せる事になります。そんな目覚めをされるのが戦後利得者は怖いのです。

しかし、この夏は確実に潮目がかわる夏となりました。

「義を見てせざるは勇なきなり」

我々もそんなメディア状況を知ったからにはいつまでも与えられる情報を鵜呑みにせず、本当の情報を探す努めをしなければならない時期に来たのだと思います。

|

« ひっそりと、しかししたたかにPodcastアプリリリース | トップページ | Appleキーノートへの驚きがないことへの心配に対して »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この夏マスコミが全く伝えなかったこと:

« ひっそりと、しかししたたかにPodcastアプリリリース | トップページ | Appleキーノートへの驚きがないことへの心配に対して »