« この夏マスコミが全く伝えなかったこと | トップページ | 新Windows発売おめ! »

2012/09/13

Appleキーノートへの驚きがないことへの心配に対して

テクノロジーライターの大谷和利さんが今回のAppleキーノートを見て次のような記事でAppleを心配されていました。

驚きのなさに驚いたiPhone5の発表イベント

僕はこの記事を読んで少し疑問を持ったというか、わかるんだけどもう少し深く見たほうがいいんじゃないかなと思いました。

まずiPhoneですが、もうこの形、このOSで出来る事の殆どはここまででかなりやりきっているんだと思いました。CPUの性能が上がったり通信システムがLTEになったりという細かい更新事はありますが「マルチタッチで操作するんです」だとか「ジャイロセンサーで画面の向きが変わります」といったようなそれまでの携帯電話になかった大きなファクターはもはやそうはありません。
そしてスマートフォンがこの形である限り、他のメーカーも想像を超える大きな変化はなかなか作り得ないと思います。例えばカメラ。あんな薄いところに極限まで小さくしたカメラを埋め込んでいるのです。ここから変えようと思ったらiPhone自体の形を大幅に変えないと難しいでしょう。

故にジョブズがやっていたような「大きな演出」はもうiPhoneのキーノートにフィットしなくなりつつあるのだと思います。(情報のリークに関しても上記理由からそこまで徹底して隠す必要がなかったとも言えると思います。)

また、その「大きな演出」はスティーブ・ジョブズだから活きていました。

ジョブズは言うなれば「稀代のロックアーティスト」でした。その最高のアーティストがギターを奏でるから聴衆が陶酔するのであって、そうでない人がギターをいくら上手く弾いても上手いだけでしかありません。ジョブズが死に際クックに「俺と一緒のことはするな」と言い残していったという話がありますがキーノートについてもそれは言えます。

私がAppleを心配するとすれば携帯電話や音楽プレーヤー、PC、タブレット以外にAppleが進出するカテゴリーを発掘し続けられるか?というところにあります。
直近で一番期待されるカテゴリーが「テレビ」ですが、これも説明すると長くなるのでここでは言いません。しかし相当に困難なカテゴリーです。そういうカテゴリーを見つけ出し続ける目を持った人物がいるかどうか?また見つけた時にリスクを取って実際に進出する勇気があるかどうか?そこにAppleの未来はかかってると思います。

|

« この夏マスコミが全く伝えなかったこと | トップページ | 新Windows発売おめ! »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Appleキーノートへの驚きがないことへの心配に対して:

« この夏マスコミが全く伝えなかったこと | トップページ | 新Windows発売おめ! »